2021年10月21日木曜日

なんであの人の考えはあんなに甘いの?

 自分と同じ気持ちで同じ事考えている人は、そういないもの。

人それぞれ、状況も違えば性格も違うのだから

同じ人間はいないんです。

そんなことわかっとるわー。と思いますよね。


子供の考えが甘い、もっと視野を広げて将来を見据えないと。

とヤキモキしますが

20歳と50歳では考え方が違って当然。

20歳には20歳なりの、50歳には50歳なりの考え方がありますからね。

50歳と80歳が同じこと考えていることは、ほぼないでしょう。

なので、こういう違いを埋めようと説得するのは失敗に終わるんです。


男性と女性も、考え方が違います。

あ、男と女で分けたけど、もちろん平等ですし個人差があるから、ジェンダー思想に反してるわけじゃございません。

男性性と女性性と考えてください。

1人の人間の中には、男性性も女性性もあります。そのバランスなどは人それぞれです。

平等と一致は違うものだから、そこを誤解して説得すれば

悲しい結果に終わります。










人生の先を歩いている人から年下の人をみると、甘くて頼りなく心配になりますが

とにかくたくさん経験を積んで、磨かれて、自分らしい人生をみつけることを応援していきましょう。

どの年代の人も、今、その時にしかできないことに取り組むのがいちばん大切じゃないかな。




2021年10月18日月曜日

周囲にいないタイプに目を向けてみると

急に涼しくなりました。暑いから寒いへ移行し

秋がどんどん短くなってますね。




 






手相の解説中の時のこと、

『手のひらを、横に区切って三等分して。さあ、標準からどう偏ってる?』

『こうなりました。けど、誰でもそうなりませんか?』と、生徒さん。

そう思いますよねー。

でも、誰でも同じにならないのです。

誰でも自分を基準に物事を考えるもの。だから、それが普通に思えます。

また、身近な親しい人はあなたと似たとこがある人が多いから

親しい人を観るのもはじめは良いけど、ある地点からはいまいち広がりに欠けることも。

そのときは、次のステップに進みましょう。

自分とは遠い世界にいる人、全然違うタイプの人、日頃接点の少ない人を理解しようと観てみると、幅がぐーんと広がり楽しいですよ。

興味のないタイプの人に興味を持ってみるのも

おすすめです。




2021年10月16日土曜日

強運の持ち主は

『 こうなるのが望みです』

とお聞きして、占ったところ

『今がそのチャンスのときですよ』となる事があります。で、それを知って行動に移しチャンスをつかまえる方を、運が良いといいます。

ピッタリのタイミングで動けるって、相当運の強い方です!今日もそんな嬉しいご報告がありました。










昔、強運の持ち主は、間の良い人だ!と持論を持つ方がいました。

間の良し悪しって?と伺ったところ

例えば

状況を見ずに自分の喋りたい事を喋るのは、間の悪い人、

誰かがひと息いれたいと思った時に飲み物を出せる人は、間の良い人、みたいなことでした。それで、間を鍛えて運を鍛えていると。

なるほど、と思って

間の良し悪しと運の良し悪しを意識したところ、

やっぱり無関係ではないみたい。



話は変わって

あまりにも先行きが漠然としてる時は方向性が見えないから、不安になって当然。

ある程度先の見通しが立つことで、動き方が定まってくるものです。

闇雲に動くよりも、まずは見通しですね!



2021年10月11日月曜日

晩年っていつから?占い用語

『 晩年運がいいと言われたことがあるのですが、晩年って何歳くらい?』

晩年とか老後とか、大器晩成とか、一体いつごろを指してるの?と思いますよね。

占いで意味するこのこたえは、『ご自身が晩年と思う時期が晩年』です。

というと、なんかアバウトじゃない?って思うかも、ですね。

しかし、それだけ個人差が大きいのです。

年齢がご高齢の方が、『将来の老後を占って』とおっしゃる事もありますし、

高齢というには随分早い年齢の方が

『もう晩年なんだから』とおっしゃる場合もあります。

だから、何歳から〜との定義はなくて、ご自身の主観で判断するもの。主観というか人生観というか。










似たものに

生まれ故郷にいた方が良いか、

遠方へ行った方が運が開けるのか、の場合

遠方ってどれくらいの距離を指してるの?


ご自身の思う遠方でOK。

これも個人差が大きくて

隣市なのか、隣県なのか、海外なのか

ご自身の主観、人生観で判断します。


2021年10月7日木曜日

努力は報われたい。そのために

 名前をつける時に、よーし、とびきり良い名前にするぞ!

家を建てる時に、非の打ち所がない、完璧な家を建てる!

せっかくだから、より良いものを絶対に後悔のないように仕上げたいですよね。


そうはいっても、

あまりにも完璧にそろえすぎるのは、逆に良くない作用を起こすものです。

というと、えーっ!?と思いますよね。

なぜ逆作用になるのかは、現実の世界に完璧が持続することはないことを思えば

納得じゃないかな。


では、どう進めていけばよい?

持っている条件の中でポイントをおさえてバランスをとっていきます。

あまりにもムリヤリすぎるのは、

あまり良くないことはおぼえてえておいてくださいね。

たとえば、画数を気にするあまり人間の名前なのか何なのか?な印象のお名前とか

四角い土地にたいして斜めに家を建てるとか・・・。










心理学用語に「努力逆転の法則」と呼ばれるものがあります。

絶対失敗しないように、と思えば思うほど逆の結果を招いてしまう。

力みすぎるとかえって不安になったり、正常な判断ができなくなるというのです。

ムリヤリ頑張り過ぎると失敗を招きやすいのですね。


ムリヤリのパワーの良さは瞬発力です。

だから、持続させたい物事には向かないのですね。



2021年10月3日日曜日

完璧より最善を目指す方がうまくいく

今年も残り三か月です。

私がずっと愛用しているハイブリッドカレンダーの2022年度版ができあがったと連絡ありました。このカレンダーは日干支、旧暦、新暦、二十四節季、月の満ち欠け、年中行事などが一目でわかるため、とても便利です。

2022年版が必要な方は、今月末までにご連絡ください。






さて

今週までにこれを決めよう、今年までにはこうしよう。

など、決断する場面は次々やってきます。

思考(頭)と感情(心)が一致してるときは、決断に迷いがないものです。


でも、いつも一致しているものではなくて

頭ではこうした方が良いのはわかってるけど、どうも気が乗らない。とか

気持ちは進みたがっているけど、よく考えるとマズイように思う。など

モヤモヤして決めかねる・・・というのはどなたでも経験したことあることでしょう。


どちらに決めてもモヤモヤする時は、今は「決めない」ことを決めるのもひつとの方法。

少しずつ整理しながら時期が来るのを待つのもありです。


そんな悠長なこと言ってる時間はない!のなら、

「決める」ためにちょっと腹をくくる必要があるかも。

モヤモヤが晴れるのには、それなりの時間や労力がいるから、そこに時間をかけられない時は、モヤモヤの中での最善を選ぶのが最善策です。

こちらを選んだらどんな未来になるかな、あちらを選んだならどんな展開がまっているかな、と未来予測を立ててみよう。



2021年9月26日日曜日

自分が変わると相手も変わるって?

 勉強して気づきになったことを、家に帰って家族に

「こうするといいよ」と押し付けちゃう。

というお話を伺いました。

こんなに役に立つんだから、ぜひ!という温かい心配りからですよね。

お気持ちわかります。うちの生徒さんたちからも、習い始めによく聞きますし

感動を分かち合いたい、有益な事をシェアしたい!気持ちってありますよね。


それで喜んでくれたら嬉しいんだけど、そうじゃない場合も当然あって

そういうときはがっかりしないようにしましょうね!

占い嫌いの人に占いの良さを力説しても、ますます占い嫌いになるでしょう~。

その人にはその人の好みや相性、やるタイミングなどがありますしね。

良かれと思って動いているとき、案外忘れがちなのは

「自分と人はいつも同じとは限らない」ということ。

わかりきったことのようで、近い間柄(夫や恋人や子供など)になると忘れて

同一視しやすいものです。









これは無意識になるから、同一視してるなんて思ってもないってところがややこしいのですが。

同一視すると自分の思いが相手の思いになります。だから、相手の気持ちは存在自体がないものとなってしまいます。

さらに「これ良かったから、絶対やるべき」になるとコントロールになっちゃいます。


赤の他人であれば、客観的にみられることも、

近い間柄の人からは、それだけ影響を受けやすいし与えやすいってことですね。


よく「自分が変わると人も変わる」といいますが、それは影響を与え合っているから当然ですね。その事でご自身がイキイキされている姿を見せることで、自然とお相手にも何らかの変化が出てきます。