2019年11月13日水曜日

タイミングがあえば、運の波に乗れる

なかなか動かなかった物事が、急に動き始めることがあります。

急に事態が好転するときには何かきっかけがあるものですが
それは、ちょっとしたことであることが多いです。
ちょっとした一歩が、大きな変化へつながるわけです。


ものすごい勇気をだして、ビッグチャンスをつかみに行くことだけが
幸運に繋がる道ではないのですね。
ものすごい勇気を・・・というのはわかりやすい変化なわけすが、
わかりやすい変化にだけに気を取られていると
些細なきっかけに気づきにくくなります。
















人にはそれぞれ運勢があります。
命式(生年月日時)という生まれ持った宿命に加えて、
大運など巡る運により、運勢がつくられます。

と、書くと非常にわかりにくいですけど
言いたいことは

命式だけでは決まらない、大運という巡る運のタイミングも大事。
タイミングによって
個人が持っている善し悪しが出たり出なかったりしますよ、という意味です。

同じ事をやるにしてもタイミング次第で結果が変わることがあるんです。

以前にやって良かった方法を今やってもあまり有効でない、
以前にやってダメだった方法を、今やったら有効だった、という事が
起こるんですね。


2019年11月8日金曜日

自分の人生を生きるには、どうすればいいのか

家の購入や引っ越しなどのご相談。
良い時期をお伝えして、GO!とお伝えさせて頂きました。


自分に合った生き方をしていないと
それは不自然なことだから、無理が生じたり不満が蓄積されていくものです。
他の人に合うことが自分に合うとは限らないから
うまくいった事例を聞いても、それが役に立つかどうかは人によります。
 
この食べ物が健康に良い、この栄養素が良いといわれたら
せっせと食べようと思うんですが
そもそも、食べ物には栄養素が含まれていて
 
それが自分に必要なのか、過剰になるのか、はたまたアレルギーの要因になるのか、
といったことを無視して全ての人によいってことはないですよね。
 
自分に必要なものを見極めるのは、手間暇がかかるんですが
自分に合うものを知ろうとするなら、その手間暇は必要なんですよね。

生き方もそれに似ています。
 
 
 
 
 
 










親元を離れた方が合う、方が、いろんな事情で同居されている事があります。
 
そうすると、親のことは大切なんだけど、どうも腹が立ってうまくいかない。
でも、親を残して家を出ることへの罪悪感があるから、親元を離れるわけにもいかない。
だけど、親のせいで自分の人生が台無しになっている、と恨む気持ちもわいてきて
さらに罪悪感が強くなる・・・。
 
 
 
私たちが陥りやすいのは、
周りの意見のままに、あるいは親の期待に応えているうちに、
自分の事がわからなくなって
さまざまな情報に振り回されて
もっとどうしていいかわからなくなってしまうこと。  
 
そういうときは、外の情報を手がかりにするより
内側の自分を手がかりとする方が、役立つときなんですね。













2019年11月3日日曜日

自分らしい時、らしくない時の違い

何であのとき、あんな事言ったんだろう、とか
どうしてあんな事やったんだろう、思うこと
誰でもあると思います。


後からそうやって振り返るときは
本来の自分でいられる、冷静なときです。


言い換えれば、冷静さを失っているときは
自分らしくない判断、言動、間違いなどを起こしやすいんですよね。

パニックになっているとき以外にも
ちょっとイライラしているとき、
モヤモヤしている、パッとしない、ぼーっとする・・・など
普段よくありがちな事なんですけど、そういうときに
自分らしくない言動をしやすいようです。
















仲の良いカップルが、旅行に行ったらケンカした
というのはありがちですが、
疲れていると、ちょっとした事でイライラしやすいですからね。
心と体は一体ですから
普段なら何とも思わない事に、いちいち反応したり。


ご自分がどんな時に冷静さを欠きやすいのか
把握しておくと良いですよ。


疲れると不機嫌になるタイプなのか
お腹がすいているときにイラ立ちやすいのか、
気圧の変化が判断力を失わせるのか
睡眠不足でテンションがおかしくなるのか

など、ご自分のタイプを把握しておくと
今は本来の自分でないときだから・・・と
大きな間違いを起こしにくくなりますね。

ほかにも
沢山の人と交流することが楽しいのか
社交の場に行くことがストレスなのか

どれくらいのストレスで活力がわいて
どれくらいのストレスで疲労が増大するのか

など、ご自分のタイプを知っておくと、いろいろ楽になります。



2019年10月24日木曜日

ギリギリまでとっておくのがお好きなら

やらないといけない事があるんだけど、気が乗らなくて放置。
ギリギリになって焦って取り組む。
いい加減このパターンをやめようって思うんだけど、
次もまた結局ギリギリになって必死になる・・・。



そう言う方って結構おられます。

夏休みの宿題は、いつかやろうと思って最終日に焦るタイプ?
好物は、たべずにとっておいて、最後に楽しみたいタイプ?

話をするときに本題から入る人もいれば、ひととおり場を暖めてから、
本題に入りたい方もいらっしゃいます。

だから、単に好みの問題で
ご自身のやりやすいように進めればいいと思います。

コツコツ進めるのが性に合っているのか
火事場の馬鹿力で一気に推し進めた方が自分に合うのか。

















ギリギリに焦ってやって、何とかなっているなら、それで問題ないんでしょう。
でも、たいていの人は子供時代に
「早くしなさい」
「先にやらないから困るんだ」
「計画性がなくてだらしない」・・・ような事を、言われたことがきっとあります。
だから、締め切り間近になると、過去にインプットされた言葉から
自己嫌悪になりやすいかも、ですね。


しかし、
一気に取り組んで、クオリティの高いものが仕上がった。
その満足感や達成感、「やればできる!」感を味わうために
(そんなつもりはなくても)
毎回ギリギリになる人もけっこういるものですよ。




2019年10月21日月曜日

メリハリをつけて活性化

今月は、新しく勉強を始める方や
これまで学んできた方が、次の段階に入られたりと
新たな流れに進んでいます。


全く初めて受講された方は、心の中で
「何のこっちゃ」と思われていることでしょう。
しかし、数回学ぶと皆さん
「坂口先生の説明はなんてわかりやすいんだ」と
ご感想を頂きます。
今後もわかりやすい授業にするよう、頑張ります。

意味がわからなくても、ノートに書き留めておくと
後から「そういうことか!」と必ず役立ちますよ。
腑に落ちたら、ますます勉強が楽しくなりますね♪
















さて、毎日仕事を頑張っていたり
家事に忙しく過ごしていたりすると
あっという間に1日が過ぎ、ひと月が過ぎ、
1年が過ぎていってしまいます!

生活にはメリハリが大事!と思っても
忙しさに流されて
意識していないとメリハリってなかなかつけられないですね。

よく動いてよく眠る、といった切り替えによって
脳が活性化されますし
転地療法といって、日常から離れた土地や環境に滞在して
保養を行う療法があったりします。
そういう観点からも
吉方位に出かける、のがあながち迷信でないことがわかります。


今年も残り2ヶ月半。

いつもとちょっと違った事をしたり
遠方にお出かけしてみるなど

メリハリをつける工夫をしてみましょう。

2019年10月16日水曜日

人間を支配する因果律を活用して、運命をつくる勉強のご案内


 
天災も人災も、災いが起こると、はじめて
今まで安全に過ごせていた有り難みが身にしみます。
 
病気になってはじめて、健康の有り難みを感じます。
 
それと同様に、運が悪くなってはじめて
これまで運が良かったんだ、と感じる事があります。
 
 
素晴らしく良いことも、それが日常になれば
「ふつう」「当たり前」と感じられるもの。だから
 
「いま、運が良いときです。」
とお伝えして
「えー!ふつうですけど?」
という事もあるんです。
 
 
逆に、運が良くないときの方が
 「今、良くないな」
と感じやすいです。
 
良くない事が
「ふつう」「当たり前」になりにくいのは
悪い事が立て続けに起これば、
痛みが骨身にしみますからね。
 
良さを実感しにくかったり、悪さを実感し過ぎたりすると
 
これからどう生きれば良いのか、
先が見えにくくて、不安になるものです。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
さて、明日から、10月期の講座
四柱推命初級(NHK文化センター浜松教室)がスタートします。
新しく生徒さんも増えて、楽しく学びましょう。
 
 
 
生年月日時の、宿命を紐解くことで
自分は、人生をどう進んでいこうとしているのか、
生き方を示した地図をみることができます。
 
運命は常に動いているもので、そこには法則があります。
自然界の変化と同じように、その法則をつかむことで
それに支配されないで、創造的になります。
自分で自分の運命をつくっていきましょう。
 
 

2019年10月9日水曜日

納得することは、状況が動くことでもあります

「仕事でやらなきゃいけない事が嫌すぎて、
夢にまで出てくる・・・。
本当にやらなきゃいけないのかみて!」

とお客様。

占いの結果は

「ここは、自分のためにやった方がいいですね。」

気が重くて嫌なんだけど、それでもやる事でのメリットが大きく、
やらないデメリットも大きい事をお伝えしました。

「じゃあ、しょうがない!!」
と腹をくくったご様子。
女性らしい見た目からは想像できないほど、男前な性格がすてき笑

納得できないことはどうしても譲れないけど、
いったん納得したら割り切りが早い、を自認しておられます。


















納得できない事があるときは、モヤモヤしたり、怒りがわきあがったりして
気持ちの持って行き場が難しいですよね。

気持ちがついてこないのに、無理矢理、納得したような行動にうつしても、
モヤモヤは更に膨らんだりします。
だから、自分が納得してやるのかどうかが、とても大事。



「どうしても納得できない」
というとき、以外と盲点なのは

納得して解決に向かいたいのか?
解決に向かわなくても良いから納得したくないのか?

どちらに向かいたいんだろう?という点です。


納得するための準備が必要、な場合もあります。