2019年11月30日土曜日

思い込みが人生をつくる、というけれど


とても魅力的だったり、有能だったりする方が
「自信がないんです。」とおっしゃることが少なくありません。
とても芯の強い方が、ご自分のことを弱いと思っておられたり。

「どうしたら自信が付きますか?」
「鏡に向かって、大丈夫 とにっこり微笑んでみてください」

「え?自己暗示ですか?」
「はい、そうです」
ポイントはとびきりの笑顔でいうことですよ。
これって大真面目に言ってます。


「大丈夫」の思い込みをつくるのです。
思い込みパワーは、強大です。
そもそも「自信がない」っていうのも、思い込みなわけですからね。





自信がつくためには
世の中の人すべてに認めてもらわなきゃいけない、
いつでも素晴らしい自分でいなきゃいけない。
そうしたら自信がつくのにって思い込んでいるかもですね。

めちゃくちゃハードルが高いです。
不可能に近い思い込みですから、この思い込みに向かって努力していると
自分を落ち込ませる結果になっちゃいますね。

でも、本当は誰も認めてくれなくても、自分が自分を信じていれば
それは自信になるんです。


うまくいく日は自信が出て
落ち込む日は自信を失いがちですけど

でも、まあ私なら大丈夫!って信じることができたらいいですよね。


自分を否定せず肯定してあげること、
好きなことをしたり、自分を大切にすることが
自信になるんじゃないかと思います。

鏡に向かって飛び切りの笑顔で言う理由は、
楽しくなくても笑顔を作ることで、心もつられて楽しいほうへと躍動するからです。
反対に不機嫌な顔をすれば、心も不機嫌な方へつられていきます。

とびきりの笑顔が、どうも違和感があるという方には
他の自己暗示法もあります。





2019年11月24日日曜日

良い気分でいると、良いことが舞い込んでくる

娘さんに「お誕生日おめでとう」と伝えたら
「生んでくれてありがとう。私の誕生日は、生んでくれたお母さんに感謝する日だよ。」
と言ってくれた、

娘が今が幸せだから、そんな言葉が出るのだと思うと
ほんとに嬉しい。

とのお話をお聞かせくださりました。

どなたでも、親にそんな言葉を伝えたいと心の奥底で思っています。
でも、なかなか言えない言葉ですね。














生んでくれてありがとう、と思えない場合も少なくありません。
今が辛い時なら
「生んでくれない方がよかった」そう思う時もあります。

しかし、今感じていることは不変じゃなくて
自分の状況、気持ち次第で、思うことは変わります。
昨日と今日ではガラッと気分が変わった、なんて事、どなたでも経験ありますよね。

気分、気持ちって人生をつくるベースになっています。
というのも
私たちの行動の決め手となっているのは感情(気持ち)です。
「気持ち」が「思い」をつくります。思いが「行動」を決めるから。

周りを幸せにしたいなら、まず自分から。と言われます。
自分が幸せなときって、周囲や自分への感謝があるから
何かや誰かの為に役立ちたいって自然と思うんですね。
でも、自分が不幸なときには、余裕がないから他人の為にやることが
どうしても犠牲心が出ます。だんだん辛くなってくるんです。

ということで、
まず、自分♪

2019年11月17日日曜日

空亡は、新しい事をしてはいけない時なのか?

「空亡には、新しい事をしてはいけないんですよね?」
「空亡は、何をするにも悪い時ですよね?」

空亡=怖い、悪いイメージが有名になっているようですね。
ちょっとうまくいかない事が出てくると、
「ああ、やっぱり空亡だからか・・・」という気分になるのも
気持ちはわかります。
















空亡とは、生まれ日の干支によって2つの支が決まります。

支は、12年で一巡しますから
どんな人も、12年のうちの2年間が空亡にあたります。
また1日のうち4時間が空亡時間にあたります。
例えば、子丑空亡の人の場合は
「23ー1時、1時ー3時」の時間帯が空亡の時間帯にあたります。

では、すべての人が悪い時期なのか?に関しては
人それぞれなんですね。

その支が喜神に当たる人はかえって良い時
その支が忌神に当たる人は悪い時
といえます。


ですので、
空亡が忌神に当たる人は、新しい事をするより現状を守って吉。
空亡が喜神に当たる人は、守りに入っていてはもったいない、かもしれないですね。


2019年11月13日水曜日

タイミングがあえば、運の波に乗れる

なかなか動かなかった物事が、急に動き始めることがあります。

急に事態が好転するときには何かきっかけがあるものですが
それは、ちょっとしたことであることが多いです。
ちょっとした一歩が、大きな変化へつながるわけです。


ものすごい勇気をだして、ビッグチャンスをつかみに行くことだけが
幸運に繋がる道ではないのですね。
ものすごい勇気を・・・というのはわかりやすい変化なわけすが、
わかりやすい変化にだけに気を取られていると
些細なきっかけに気づきにくくなります。
















人にはそれぞれ運勢があります。
命式(生年月日時)という生まれ持った宿命に加えて、
大運など巡る運により、運勢がつくられます。

と、書くと非常にわかりにくいですけど
言いたいことは

命式だけでは決まらない、大運という巡る運のタイミングも大事。
タイミングによって
個人が持っている善し悪しが出たり出なかったりしますよ、という意味です。

同じ事をやるにしてもタイミング次第で結果が変わることがあるんです。

以前にやって良かった方法を今やってもあまり有効でない、
以前にやってダメだった方法を、今やったら有効だった、という事が
起こるんですね。


2019年11月8日金曜日

自分の人生を生きるには、どうすればいいのか

家の購入や引っ越しなどのご相談。
良い時期をお伝えして、GO!とお伝えさせて頂きました。


自分に合った生き方をしていないと
それは不自然なことだから、無理が生じたり不満が蓄積されていくものです。
他の人に合うことが自分に合うとは限らないから
うまくいった事例を聞いても、それが役に立つかどうかは人によります。
 
この食べ物が健康に良い、この栄養素が良いといわれたら
せっせと食べようと思うんですが
そもそも、食べ物には栄養素が含まれていて
 
それが自分に必要なのか、過剰になるのか、はたまたアレルギーの要因になるのか、
といったことを無視して全ての人によいってことはないですよね。
 
自分に必要なものを見極めるのは、手間暇がかかるんですが
自分に合うものを知ろうとするなら、その手間暇は必要なんですよね。

生き方もそれに似ています。
 
 
 
 
 
 










親元を離れた方が合う、方が、いろんな事情で同居されている事があります。
 
そうすると、親のことは大切なんだけど、どうも腹が立ってうまくいかない。
でも、親を残して家を出ることへの罪悪感があるから、親元を離れるわけにもいかない。
だけど、親のせいで自分の人生が台無しになっている、と恨む気持ちもわいてきて
さらに罪悪感が強くなる・・・。
 
 
 
私たちが陥りやすいのは、
周りの意見のままに、あるいは親の期待に応えているうちに、
自分の事がわからなくなって
さまざまな情報に振り回されて
もっとどうしていいかわからなくなってしまうこと。  
 
そういうときは、外の情報を手がかりにするより
内側の自分を手がかりとする方が、役立つときなんですね。













2019年11月3日日曜日

自分らしい時、らしくない時の違い

何であのとき、あんな事言ったんだろう、とか
どうしてあんな事やったんだろう、思うこと
誰でもあると思います。


後からそうやって振り返るときは
本来の自分でいられる、冷静なときです。


言い換えれば、冷静さを失っているときは
自分らしくない判断、言動、間違いなどを起こしやすいんですよね。

パニックになっているとき以外にも
ちょっとイライラしているとき、
モヤモヤしている、パッとしない、ぼーっとする・・・など
普段よくありがちな事なんですけど、そういうときに
自分らしくない言動をしやすいようです。
















仲の良いカップルが、旅行に行ったらケンカした
というのはありがちですが、
疲れていると、ちょっとした事でイライラしやすいですからね。
心と体は一体ですから
普段なら何とも思わない事に、いちいち反応したり。


ご自分がどんな時に冷静さを欠きやすいのか
把握しておくと良いですよ。


疲れると不機嫌になるタイプなのか
お腹がすいているときにイラ立ちやすいのか、
気圧の変化が判断力を失わせるのか
睡眠不足でテンションがおかしくなるのか

など、ご自分のタイプを把握しておくと
今は本来の自分でないときだから・・・と
大きな間違いを起こしにくくなりますね。

ほかにも
沢山の人と交流することが楽しいのか
社交の場に行くことがストレスなのか

どれくらいのストレスで活力がわいて
どれくらいのストレスで疲労が増大するのか

など、ご自分のタイプを知っておくと、いろいろ楽になります。



2019年10月24日木曜日

ギリギリまでとっておくのがお好きなら

やらないといけない事があるんだけど、気が乗らなくて放置。
ギリギリになって焦って取り組む。
いい加減このパターンをやめようって思うんだけど、
次もまた結局ギリギリになって必死になる・・・。



そう言う方って結構おられます。

夏休みの宿題は、いつかやろうと思って最終日に焦るタイプ?
好物は、たべずにとっておいて、最後に楽しみたいタイプ?

話をするときに本題から入る人もいれば、ひととおり場を暖めてから、
本題に入りたい方もいらっしゃいます。

だから、単に好みの問題で
ご自身のやりやすいように進めればいいと思います。

コツコツ進めるのが性に合っているのか
火事場の馬鹿力で一気に推し進めた方が自分に合うのか。

















ギリギリに焦ってやって、何とかなっているなら、それで問題ないんでしょう。
でも、たいていの人は子供時代に
「早くしなさい」
「先にやらないから困るんだ」
「計画性がなくてだらしない」・・・ような事を、言われたことがきっとあります。
だから、締め切り間近になると、過去にインプットされた言葉から
自己嫌悪になりやすいかも、ですね。


しかし、
一気に取り組んで、クオリティの高いものが仕上がった。
その満足感や達成感、「やればできる!」感を味わうために
(そんなつもりはなくても)
毎回ギリギリになる人もけっこういるものですよ。