2018年11月15日木曜日

自然に無理なく生きるには

今日は浜松講座の日で
「手相人相」と「四柱推命初級」の2講座がありました。

どちらの講座も、生徒さんたちの
深い洞察につながった様子で嬉しいな。
















世間的に普通といわれていることも
自分にとっては不自然であったり、無理が生じることもあるわけで

むりやり普通基準に合わせても、どうもうまくいかない・・・って事もあるんですね。

自分に合っていなくても、普通基準に合わせて安心感があるならそれでいいんですよ。
そういう部分、私自身も少なからずありますから、よくわかります。
(エ?それで、普通基準に合わせているつもり?ってつっこみが来ますかね)

しかし、不自然で窮屈が続く事はストレスになるし、幸福感は遠のくばかり。
というケースが大半を占めるのではないでしょうか。


自分にとって、何が自然で無理のないことか。を知る事は
幸せに生きることにつながるんだろう、と思うのでした。

2018年11月14日水曜日

今やる事のヒントになりましたら

今年も後ひと月半、ということで
お客様方は、今年中にやっておきたいことや、会いたい人に会っておこうと
精力的に動かれています。

そんな中
今しか出来ないことをやろう!って思うんですが
何をしたらいいのかわからない・・・
って時もありますよね。
















巡る運勢は人それぞれですから
今が○○のとき!とは一概には言えません。

ですから、
あくまでも運命学的に考えると・・・という観点ですが
年代ごとのテーマは以下になります。



20代は、家庭環境や友人たちがどんな影響を与えているか
30代は、才能をどのように活かすか、財運はどうか
40代は、仕事を一生懸命して、また、存分に遊びを楽しめる体力があるか
50代は、仕事でどんな地位が築かれたか、また財産ができたか
60代は、緩やかなペースになって、楽しめる人間関係があるか
70代は、健康的にどうか
80代は、心身が安定しているか

今年中、または来年の目標のヒントになりましたら!

2018年11月10日土曜日

生まれた瞬間に決まるのが宿命

今日は、
「帝王切開になりそうだから、良い日時を教えて欲しい」
とお客様。

予定日より、早まっても、遅くなっても良いように
いくつか候補をあげさせて頂きました。







生年月日、生まれ時間によって
宿命が決まるというのなら

それを人間が決めても良いのか?
人間が決めても、やっぱり宿命として作用するのか?


と、疑問を持たれる方が多いです。



私が思うのは


それを人間が決めても良いのか?は、

帝王切開になる、流れなら
それは自然なことでしょう。
その日時が選べるのであれば選ぶ、のはひとつ選択ということでしょう。

人間が決めても、やっぱり宿命として作用するのか?は、

統計的にそのように思います。

おぎゃーと生まれた瞬間のことを触気といいますが、
触気=この世の空気に触れた瞬間 に
大きな意味があるようです。


2018年11月4日日曜日

吉凶の内容は変化していくもの

「何もない事は、運が良いことになるんですかね?」

とご質問がありました。

それは・・・

「年齢によります」



若いときは変化、進化が顕著な時代ですから、
現状維持は停滞につながることが多いのです。

対して

中年期以降は、いろんな意味で維持が難しくなります。
もちろん進化もありますが
安全、安定的に過ごせる事の大切さが実感されてくるのです。

昔は「変わったね!」が褒め言葉だったけれど、
だんだん「変わらないね!」が褒め言葉になったりしますよね。

年代によって、悩みの種類が変わると同時に
吉凶の内容も変わるわけですね。


















同じ年代の人との交流は、
共感できる事が多くある良さがあります。
わかる安心感とか、楽さもあります。

年代の離れた人との交流は、
自分の枠や常識を飛び越えた楽しさがあります。
思いもよらない考えに触れて、成長するためのチャンスになったりします。

自分の枠に縛られず、豊かに過ごすには
なるべくいろんな年代の人、
いろんな立場の人と接する機会をつくるといいですね。

 

2018年10月27日土曜日

今の運気を判断

何でも向き、不向きってありますが、
自分に向いている事って、それをしていると「楽しい」のが基本です。

占いの勉強のとき
生徒さんたちは
「あー!」とか「へえー」とか
理解したり腑に落ちたりする事を楽しんでいる様子。

勉強が進むにつれて、細部まで深部まで考える事は
はっきり言って面倒くさい作業です(笑)

でも。面倒くさい以上に楽しさがあるから、もっともっと知りたくなります。

自分なりに読み解いた
命式の質問を持ってこられるときに
多くの時間を割いて復習してきたんだな、と思います。
















でも、占いにそこまで興味があるわけでもない、けど、ちょっとは知りたい・・・
という方は

「あれもこれも憶える気はない、これだけ抑えればOKって事を教えて」
と、よく無茶な事を仰りますよね・・・笑

では

手相で一つ、ポイントを絞るのであれば
親指をみてください。

親指は、その人の個性を表すのですが
それは親指が生命力の根源を意味するからです。
どんな親指をしているでしょうか。

手型で判断を迷ったときは親指をみます。


親指を他の指で包むようにして手を握る時は、
ストレス過多、生命力、運が低下する場合が多いので気をつけましょう。



2018年10月23日火曜日

大切なことにエネルギーを費やす

通っているジムで、
偶然、同級生がインストラクターをしている。

仕事で身体を動かして、仕事が終わった後も
自己トレーニングでまた鍛えている。
鍛えて鍛えて、すごい体力!とても同じ年とは思えない体力!
って、いつも尊敬しています。

でも、我が身を振り返ってみたら

仕事で命式を読み解いて、
仕事が終わった後も自分の勉強で読み解いて、
講座の準備等でまた命式を読み解いて・・って事を毎日しているから
同じなのか。
















何十年も当たり前にしていることは
膨大な時間とエネルギーを費やしているわけで
頭で覚える以上に身体にたたき込まれていく。

だからこそ
お客様の話を伺っているとき
その方が大切に思う○○について、
どれくらいエネルギーを費やしてこられたか
手に取るように伝わるものなんですよ。


2018年10月18日木曜日

自分で自分の相談にのる、手法

物事がうまく進まない、
八方塞がりのような状況にあるとき
いろいろ考えます。

あれこれ考えてみて、いい案が出れば
いいですよね!

でも、ぐるぐる思考になって
出口が見えない、解決策がみつからない、
こともありますよね。

自分の事は自分が一番わかる反面、
最も客観性に欠けるのも事実。

ほら、自分の姿って
自分では直接見ることはできなくて
鏡に映すことではじめて見ることができる、でしょう。

だから、ふだんは
客観性に欠けてる事も気付きにくいものなんです。
誰かの意見にハッとしたり
納得したり、ムカついたりと、
他人の意見を通して、はじめて気づくこともたくさんあるんですね。

















自分ひとりで客観的な視点を持ちたいんだけど?
っていうときは

自分宛にメールを送ってみてはいかがでしょう。

自分のパソコンから、自分のスマホに送ってみるんです。

コツは、独り言や日記風にしないで
○○さんへってな具合に
誰か(自分)に手紙で考えを伝える、相談する、形態で書くんです。
そうすると、メールを読むときに
自分の相談なんだけど、誰かからの相談の時のように
視野が広がりやすく客観的にとらえられるから
ぐるぐる思考とは違った考えが浮かびやすいんですよ。