2019年10月16日水曜日

人間を支配する因果律を活用して、運命をつくる勉強のご案内


 
天災も人災も、災いが起こると、はじめて
今まで安全に過ごせていた有り難みが身にしみます。
 
病気になってはじめて、健康の有り難みを感じます。
 
それと同様に、運が悪くなってはじめて
これまで運が良かったんだ、と感じる事があります。
 
 
素晴らしく良いことも、それが日常になれば
「ふつう」「当たり前」と感じられるもの。だから
 
「いま、運が良いときです。」
とお伝えして
「えー!ふつうですけど?」
という事もあるんです。
 
 
逆に、運が良くないときの方が
 「今、良くないな」
と感じやすいです。
 
良くない事が
「ふつう」「当たり前」になりにくいのは
悪い事が立て続けに起これば、
痛みが骨身にしみますからね。
 
良さを実感しにくかったり、悪さを実感し過ぎたりすると
 
これからどう生きれば良いのか、
先が見えにくくて、不安になるものです。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
さて、明日から、10月期の講座
四柱推命初級(NHK文化センター浜松教室)がスタートします。
新しく生徒さんも増えて、楽しく学びましょう。
 
 
 
生年月日時の、宿命を紐解くことで
自分は、人生をどう進んでいこうとしているのか、
生き方を示した地図をみることができます。
 
運命は常に動いているもので、そこには法則があります。
自然界の変化と同じように、その法則をつかむことで
それに支配されないで、創造的になります。
自分で自分の運命をつくっていきましょう。
 
 

2019年10月9日水曜日

納得することは、状況が動くことでもあります

「仕事でやらなきゃいけない事が嫌すぎて、
夢にまで出てくる・・・。
本当にやらなきゃいけないのかみて!」

とお客様。

占いの結果は

「ここは、自分のためにやった方がいいですね。」

気が重くて嫌なんだけど、それでもやる事でのメリットが大きく、
やらないデメリットも大きい事をお伝えしました。

「じゃあ、しょうがない!!」
と腹をくくったご様子。
女性らしい見た目からは想像できないほど、男前な性格がすてき笑

納得できないことはどうしても譲れないけど、
いったん納得したら割り切りが早い、を自認しておられます。


















納得できない事があるときは、モヤモヤしたり、怒りがわきあがったりして
気持ちの持って行き場が難しいですよね。

気持ちがついてこないのに、無理矢理、納得したような行動にうつしても、
モヤモヤは更に膨らんだりします。
だから、自分が納得してやるのかどうかが、とても大事。



「どうしても納得できない」
というとき、以外と盲点なのは

納得して解決に向かいたいのか?
解決に向かわなくても良いから納得したくないのか?

どちらに向かいたいんだろう?という点です。


納得するための準備が必要、な場合もあります。


2019年10月3日木曜日

男女は発想が違うから、すれ違う事もあるけど補い合っている

運命学では、

うまれ持った命式30%
人相手相や家相など、形の相20%
遺伝10%
環境や経験、能力40%

という割合で、影響を受けて運命をつくっている、と考えます。
宿命は変えられないけれど、運命は変えられる、というのは
上記をトータルすると
宿命40%
運命60%
となるからです。

家族が大変なときに、自分だけ運勢が良くても
「今、すごくいい!」と感じことは少なくて

それより「大変だなあ」となりやすいのですが
一人で生きている人はいなくて、みんな周りから影響を受けているから、
当然ですよね。
近しい人ほど、その影響は大きいです。

主婦の方は、ご家族の運勢やコンディションによって
忙しくなったり余裕が出来たり、
生活や気持ちへの影響が大きく出やすいものです。

















以前、占いの取材ということで男性が2人でおみえなったときのこと。
とても印象深かったのは
「主婦の方は、相談内容は自分の事だけじゃなくて、
ご家族のことも相談にいらっしゃいます」とお伝えしたときの驚いた表情。

その発想はなかった。と、お2人の顔に書いてありました。


男女は、もともと思考が違うし、役割が違えば行動も違います。
男性は、仕事を頑張ることで家族を幸せにしようとするし
女性は、家族をいろんな角度から支えることで幸せにしようとします。

なので、違いを同じにしようとしなくてOK!
陰陽論でも考えても
違うからこそ補い合っているんだ、ということですね。







2019年9月25日水曜日

私達を幸せにしやすいのは、期待より希望

この仕事をしていると、
お客様からご報告のメールや手紙を頂くのですが
今朝も
「奇跡が起こりました!!」と、ご連絡を頂きました。

ひと月前からは考えられないような好転です。
ほんとうに嬉しいことです!

ご報告ありがとうございます。





現実の世界に魔法はありません。
でも、奇跡的な事は起こりうるものだから
うまくいかない時でも、希望を持ち続けていたいですね。

絶望の淵にいるときは、とてもそんな風に思えないし
無理に思わなくてもいいと思います。
そこから、かすかな光を感じたときに
希望をすてなくても良いか、と思えるとよいなー。

















さて

「希望」と「期待」は、混同されやすいものですが
ぜんぜん別物なんですね。



期待が裏切られた
期待外れに終わった
もう期待なんかするもんか

誰でもこういう気持ちになった事、
あるものです。
あなただけじゃないんです笑

「期待は失望の母」とか、
「期待は裏切られる宿命にある」なんて言われるのも
うなずけます。


辞書でひいてみると

期待
あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること。当てにして心待ちにすること。

希望
 あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。


とあります。(goo辞典より)





期待している時は、
こうあるべきだ、そうならないといけない、と
無意識に自分や他人を決めつけているから

期待通りに事が運べば、嬉しいけど、叶って当たり前。
嬉しいけど心の底からは喜べない。

そうなるべき、そうなってもらわないと困るって思うのが期待だから
そうならなかった時に
期待はずれ、 裏切られた気持ちで怒りが湧き上がります。
一瞬で真っ逆さまに絶望の淵に追いやられてしまうんですよね。

期待ってこうならないといけない、と待ち構えていて
自由度がない状態、といえるみたい。
だから、期待のプレッシャーが良い刺激になる一方で
期待した方も、された方も
だんだん疲れてきたり束縛感を感じたりしやすいようです。


と、いうと、真面目な方は
期待はよくない事だ、今後一切、期待してはならぬ!
と思いますよね。
それでも、期待しちゃいますけどね。





 希望は、信頼感をもとにした願いや望みで
その願いが成就されるのがいつなのか、どんな形なのかわからないけど
それでも希望は消えない。

希望が叶えばうれしいけれど、
そうでなかったとしても、それはそれで何とかなるだろう。
という信頼があるから、流れに身を委ねることができて楽だったり
自由な感じがします。
望んだものが現れた時は、心から喜び受け取ることができる。

期待と希望
私たちは
どちらも感じ持っています。

今後一切期待はだめ!
希望だけが許される、とか思う必要はないですよ。
期待外れになった事は
「まあ、そうでしょう~。」
と受け流せたら
自由な感じが生まれます。




2019年9月20日金曜日

悩みはうつり変わっていくのが自然

誰でも大なり小なり、ストレスがあるものです。

暑くても寒くても体にとってはストレスだし
忙しくても暇でも、ストレスになります。

ストレスがない!っていう人は、感じていなかったり
うまく付き合っているわけで
まったくない、ゼロの状態とは違うんですよね。

悩みも同じです。

悩みが全くない!を目指すほうが不自然ってものです。

置かれいている状況や自分の状態、また運勢によって
悩みの種類が移り変わるもので
その時々、大なり小なり悩みはあるもので
それが自然。
上手に付き合っていけば良いんです。



悩みって一人で考えていると、あまり良い方向へはいきません。
頭の中でクローズアップし過ぎて、心配を膨らませたり
妄想を膨らませたりして、良くない方へ考えがちです。


誰かに話してみると、気持ちが軽くなるだけじゃなくて
意外な解決法が見つかったり、
それってよくあることで、決して特別なことじゃなかった!良い意味で。と
視野が広がったりしますね。

その際には、誰に話すかが最も重要ポイントになります。




















置かれいている状況や自分の状態、また運勢によって
悩みの種類が移り変わる。
だから、
何十年も同じ悩みを持ち続けているっていうのも
また不自然なことになるんです。


向き合う時期がずれていたり
過去に引きずられて今が見えなくなっていたり
取り組む方向が違っているのかも。

そうだとしたら、いったんリセットすると良いです。

これまで良かれと思ってしてきた事を
思い切ってやめてみる。
ハードルが高いと思っていたことを
思い切ってトライしてみる。

など、
自分ではこれまで選択してこなかった事に
目を向けてみると
いいかもしれませんよ。









2019年9月10日火曜日

印鑑と運勢の関係について

お客様が、注文されていた印鑑を取りにいらっしゃいました。

ご家族皆様のぶんを順番につくっていかれ、
今回は次女さまの印鑑です。


出来上がりをご覧になって
「うわー。あの子らしい印鑑です。」

どういう事かというと

次女さまはきっちりされた性格で、印鑑もきちっとした感じ。
長女さまは、線の細い方でとても繊細なイメージの印鑑だった、

とのご感想とともに

「印鑑は体を表すんですね」

の名言を頂きました♪


さすが!眼識のあるお方です。





印鑑は「相」のひとつで、
相とは形ある物の吉凶を判断することです。

印相、名相、人相、宅相、墓相に五大別されます。

それぞれの役割は

印管一事、
名管一時、
人管一人、
宅管一家、
墓管一族、

となります。
その意味は

印管一事・・・印相の吉凶は、あの印章を使ったことだけに作用する。という意味です。
        良い印章を1つ持っていたら、何もかも全てが良くなる、というわけにはいきません。
        
名管一時・・・名相の吉凶は、その姓名を使っている時にだけ作用する、という意味です。
        改名したら、古い姓名の作用はなくなります。

人管一人・・・人相の吉凶は、その人にだけ作用する、他人には作用しない、という意味です。
        手相や体相などもこのグループに入ります。
        よく夫を殺す相、などと言われますが、夫が妻の人相によって
        殺されることはありません。
        
宅管一家・・・宅相の吉凶は、その家に住んでいる人達にだけ作用する、という意味です。
        家族であってもその家に住んでいない人には、家の善し悪しは作用しません。
        他人であっても、その家に住んでいる人には、宅相の吉凶が作用します。

墓管一族・・・ただ埋めている骨と血縁関係のある人にだけ作用し、
        血縁関係のない人には作用しない,という意味です。
        夫の家系の墓相吉凶は、妻には作用しません。
        妻は生家の墓相の影響を受けています。
        子供は、父方母方両方の墓相吉凶が作用します。






相の中でも、印鑑が一番改めやすいものですね。

印章は改めることによって簡単に吉凶が変わりますから、
良い印相の印鑑を使いたいものです。

いくら良い印鑑だとしても、一部が欠けたりしているものは
良くないって言われるのはご存知かと思います。

それは
吉運に狂いが生じる意味があるからです。

2019年9月7日土曜日

自分の殻を破る。そのきっかけは何でしょう


今日は、台風到来に備えて
午後からの仕事がキャンセルになりました。
そのため、ゆっくり寄り道しながら帰り道を楽しみました。





















さて、
私たちはいろんな人と関わりながら生きていますが
あなたには尊敬する人はどれくらいいますか?

私たちは日常、見たい物だけ見て、聞きたいことだけを聞いている
と言われています。
そんな風に、自分の価値観にこりかたまっているんですが
自分の価値観以外のものを見せてくれるのは、
尊敬する人です。

「何を言うか、より、誰が言うか」
が大事だと言いますが
尊敬する人が言う言葉は、
良い事も耳の痛いことも、心に届きやすいんですよね。

尊敬する人って
直接的にも間接的にも、あなたの人生を押し上げてくれる人なんです。



一般的に、男性は能力の高い人を尊敬しやすく
女性は感情的に好ましい人を尊敬しやすい傾向があります。



なので、
すごい能力の人なんていない、好きな人なんていない場合は
尊敬する人がいない、となりやすいです。



尊敬する人がいなくても、何の問題もありません。

しかし、尊敬する人がいたらなあ。と思うのであれば
身近な人じゃなくてもでもいいし、架空の人物でもいいから、
例えば小説の中の人物とかでもいいんです。
その人の素晴らしいところを全面的に認めてみると良いですよ。





尊敬に値する人がいない。と、感じている人って
努力家で勉強熱心な方が多いです。

すごい努力している自負があるから、
自分以外の人を認めることに抵抗感があるんですね。
認めてしまうと負けたような気がして
簡単に人の長所を認められないんですよね。

プライドを守るためには
自分より努力して高い能力を発揮している人を
認めちゃいけないんです。


そういう人が他人を認め、尊敬し始めることは
自分の殻をやぶることでもあります。
それをきっかけに、ものすごい勢いで飛躍していくことが多いです。