2018年10月10日水曜日

結婚運について

何年ぶりだろう、というお友達に会ってきました。
でも、何年ぶりって感じなくて
身近に感じられました。















さて

私たちにとってはじめて接する異性は、
男性なら母親
女性なら父親 です。

だから、異性運って異性の親の影響を
多分に受けているんですよね。

よく、女の子は父親に似た人を選ぶっていいますが
似てない人を選んでも、
自分の接し方で、結果的に似た人を作りあげる・・・!なんて事も
あったりします。


作り上げるって書きましたが
人物を作るんじゃなくて、関係性を作るって意味で。

女の子の場合

父親にとっても可愛がられて守られてきたならば
それが当然ですから、
結婚後は配偶者がそうしてくれて当然です。
そうしてくれないと、相手を頼りなく感じ不満に思います。

父親との関係性が希薄であったなら
濃密な関係は苦手になりやすく
結婚後も配偶者に干渉されたくない、放っておいてくれて当然、
距離が近く(物理的にも心理的にも)なると、息苦しく感じます。




運命学ではこんな風に考えます。

異性の親が親の役割をしないと、結婚運が悪くなる
異性の親が素晴らしすぎても、結婚運が悪くなる




じゃあ、もしそうだったらどうすればいい?

配偶者はお父さんじゃないんだって
思えばいいんです。



・・・え?
配偶者をお父さんなんて思ってませんけど・・・って
当然なると思います。


もちろんほとんどの人はそんな風に思っていませんよね。
けど、
慣れた事は無意識に繰り替えすわけですから
ある意味、自動的に
慣れたポジションを確保しようとするんです。
お互いに。
お互いの慣れたポジションでバランスが取れれば良いんです。

極端になると、バランスがとりづらくなるから
上の2点が結婚運の悪さにつながるわけですね。


なので、極端になっていたら
慣れたポジションを、ちょっと脱してみようかなって
思うといいんです。




2018年10月5日金曜日

上達する人

先日の色彩心理講座では
久しぶりにカラーボトルのセッションの練習をしました。
















みんな、上手になっている!

まるで手品のような、着地点にびっくりされていましたが
それだけセッションがうまく進んだ証拠です♪

文彩 「上手になってる」
生徒さん 「えー、ぜんぜん・・・」

って言っていましたが
聞いていた私には、上達していることがよくわかります。

見ているのと、実際やってみると、違う!
イメージ通りにいかないって事って
実はだいたいの事って
はじめはそうです。


イメージと違う!って事でいえば

お友達がカタログで洋服を買うと、
届いて実際着てみると「あれ、イメージと違う」って
素敵なカタログほどそうなるって、言っていました。


わかります・・・笑

イメージ通りにいくには
何度もトライするほかないですよね。

2018年10月1日月曜日

人間関係は、映し鏡っていうけれど

人間関係は、映し鏡といいます。


目の前の人が自分?と思うとわかりにくいのですが
こんな風に思うとどうでしょう?


「世の中、やさしくて親切な人ばかりでありがたいなあ」って
感じている時は
あなた自身が心穏やかにいられ、
他人に親切し、物事を好意的にみているとき。

「世の中、ロクな人がいない。世間は敵ばかり」って感じている時は
あなた自身が身構えていて、
他人は自分を傷つける存在だとみているときです。



















仲良くしてもらっている人生の先輩が
こんな言葉を教えてくれました。

「出方次第」

亡きご主人の言葉だそうです。
入院中、
「病院の人は優しくしてくれている?」
との、家族の問いかけに
応えた言葉だそうです。

本当にそうですよね。



自分がいら立っているときに、相手にそれをぶつけたら
ぶつけ返されるし

自分が気分よくいられ、相手を好意的に受け止められたら
好意的に返されるものです。

なので

自分で自分のご機嫌をとれるか、どうかで、
どんな世界(人との関わり)を生きるのかが
決まるようですね。




2018年9月19日水曜日

自分にふさわしいのは

今日も残暑が厳しいですね。
でも、雨で涼しいよりも、晴れている日が好きです。

















親のことは
大好きだけど大嫌い、
大嫌いだけど大好き、
っていう方少なくありません。

子供の頃は、
何でも知っていて、完璧だと思っていた親だったけれど
次第に
なーんだ、って思うことが出てきたり
がっかりするような経験をしたりして
いろんな想いが積み重なります。

嫌なところが目について
「あんな風にはならないぞ!」
って思っていたのに
ふと気づいたら、
「あれっ!」ってよく似た事をやっている自分に気づく。
というのはよくありますよね。

さらに

「自分は絶対にあんな風にはなりたくない!」
の気持ちが強ければ強いほど、
あんな風な事を再現するんですよね。
似た人生を歩んだり、似たパーソナリティをつくるのです。

なぜなら

潜在意識では
「どうせ自分も似たようになるに違いない」って感じているから
「ぜーったいになりたくない」と思うんです。

心のどこかでは

「どうせ自分は○○になるのがふさわしい」
って、自己嫌悪している思い。
自分なんて。って嫌悪していると
それにふさわしい人生を作り出すことがあるんです。


私たちは、強く思うほうになってしまうから。

考えてはいけない!!って思えば思うほど頭は冴えて考えるでしょう。
このお金は使ってはいけない!!って思うときほど
お金の入り用が出てくるでしょう。

思いが強すぎると、そちらに舵取りされるんですね。

と、いうわけで
自分を嫌悪するのはいい事はひとつもないよね。

2018年9月15日土曜日

今がタイミングなのかを知る方法



占い用語が自分の中では、もはや標準語になっているため
会話の中で、通じて当然って思い込みを時々やらかします。
?のときには突っ込んでくださいね。



さて

人生にはいろいろな転機が訪れます。
自分で転機を創る場合もあります。
家を建てるとか仕事を変えるとか。

「思ったときがタイミング」
っていう考え方があって

その考えの基には
「ある事柄に意欲が出ているときは、その事柄の運が乗っている時」って
思われる事が多いよう。

でも、
自分の都合と運勢が、合わない事もあって
現実には
意欲が出ているけれど、空回り・・・な時もありますよね。

運の良いときは、思ったときがタイミング!になりやすく
運の悪いときは、思ったけれどタイミングじゃないってなりやすいです。

なので、うまくいかないから
一発逆転を狙うって時は
うまくいかない結果になることが多いのです。











2018年9月9日日曜日

グラグラしているときは

自分軸、という言葉があります。
その反対は他人軸。

他人に軸をおいている時って誰かによって自分が決まるので
ぐらんぐらんして、疲れます。


・周りがとう思うかがとても気になる
・他人の反応で一喜一憂する
・誰かの意見で、自分が決まる
・自分の考えが自分でもはっきりわからない

などの時は、他人軸になっていそう。

そもそも、他人軸になりがちな方は、
空気が読めるとか、人の気持ちを汲めるなど
感受性豊かで優しい方が多いのです。

人に喜ばれるように、良く思ってもらえるようにってしているうちに
他人軸になりやすいみたい。
それは習慣、癖のようなものですから、
他人軸になっているって感覚はありません。

でも、
なんか疲れる・・・
人に振り回されているような気がする・・・
途中まではうまくいのに、結局は行き詰まってしまう・・・

って時は、他人軸になっている可能性が大きいです。
まあ、そんな時って誰でもちょくちょくありますけどね。

















他人軸は習慣ですから、急に「自分軸!」って思っても
はじめは軸がどこにあるかよくわかりませんよね。


日々の中の「感情」に注目していくといいですよ。
何が嬉しくて何が嫌いなのか。
面白いと感じることや、苦手なことなど
自分の感覚を自分で汲んでいくんです。
ひとつひとつ、丁寧に。


そして、その感情、感覚を肯定的に受けとめることで
自分らしさを大切にし
自分で自分の人生を選ぶことができます。




自分はどうしたいのか、気持ちを否定せずに認めていくと、
どんどん自分勝手な人になりそう?

って心配しがちなんですが

なんとなんと、

自分の気持ちを肯定すると
相手の気持ちも肯定できるという、
あなたのテーマ?である
ラブ&ピースな生き方につながると思います。

そこにつながるか!ってとこに
つながりますよー。

2018年9月4日火曜日

無意識が9割以上

今日は台風の影響で、
NHK豊橋教室の講座が休講になりました。

今日の分は9月25日に行いますので
また、教室でお待ちしてますね。


さて、

最近テレビでよく見かけたお方の
印象的なほくろについて

どなたが見ても、印象的なほくろです。
とても目立ちます。

そのぶん、意味は出やすくなるものです。
その意味は、四六時中出ているというより
その事が与える影響が出ている、と考えます。


それでは、ほくろを取ったらどうなるの?

取った後に傷が残らなければ吉。
傷が残ってしまうと、「傷」の意味が出てきます。

ほくろがたくさんある人はどうなの?

すべてに意味があるとは見ません。
その時、目につくものがあれば
その意味が出ているとき、と考えます。


人相っていうと、人の顔をアレコレ言うものみたいに思われますが
持って生まれた容姿は20代まで
30歳過ぎたら、その方が過ごしてきた人生が見た目になっているって考えます。
ですから、その方を知る大きな手がかりになるわけです。

表情のくせってどなたもありますが、
どんな表情筋を多く使っているかでも
お顔がつくられていくのです。

ふいにガラスに映った自分の顔を見たら
険しい顔をしていて驚き!なんて事がありますが
そんなつもりはなくても、無意識にしている表情って
割とあります。
無意識の影響って、こんな所にも大きく出ます。

意識は5~10%
無意識は90~95% といわれていて、

無意識とは、自覚のない意識のこと。
コントロールのできない部分です。

私たちは自分で自分をコントロールしているつもりでも
実際はコントロールできていない事のほうが、圧倒的に多いんですね。