2020年2月19日水曜日

占いは現実的に使った方が役に立つと思う

知人が、私をみつけて駆け寄ってきてこう言いました。

「運の悪いとき、これをやれば運が良くなるってことは!?」

「何に関しての運?」

「ぜんぶ!」

誠意をもってお返事しようと思うと
どんな事柄か、的を絞っていくことが大事なんです。
というのはこちらの気持ち。

相手は魔法のような一言を期待しているのがひしひしと伝わりました。

行き詰まっていてしんどい時は
一発逆転!で打開したいと望む気持ちはよーくわかります。

だけど、
低迷から一発逆転でいっきに運が拓けることは
ほとんどないというのが現実。

奇跡は起こるものだけど、
奇跡をアテにしてるときには、起こらないのもの。


ひとつずつ、的を絞って整理していかないと
やるべき事がみえてこなくて
ますます行き詰まってしまいます・・・。


















まとめ

ぜんぶ!と思う時は、
まずはひとつずつ整理すると拓けた道がみえてきますよ。



2020年2月15日土曜日

現状維持の運勢ってどういう意味か

「運の良くないときは、
新しい事をしてはいけないって聞くけれど
本当に?」

それを言葉通りに解釈すれば、
若い時は多くの事が新しい事になりますから
たくさんの制限、不自由さが出てきますよね。


その言葉の真の意味とは、

運の良くないときは、良くないものに飛びつきやすい。
良くない事を良いと思いやすい。
良かれと思ってすることが、結果的に自分の足を引っ張りやすい

などがあるから
勢い余って動くと失敗しやすいよ、
よく考えて判断しましょう

って意味が含まれているのです。

良くないときほど、
浮き足だって目新しいものに心奪われたり
足下がグラグラしやすいのは誰でも同じ。


















占いでいう
現状維持っていう言葉も同様です。

同じ事だけやってなさいって事じゃなくて
目新しいものに目を向ける前に、今あるものを大切にしましょう、
今あることに磨きをかけましょう、
足下を固めましょう、などの意味が含まれています。




2020年2月6日木曜日

今、優先して時間を使いたい事は何ですか?

最近
「印鑑はいつつくるのが良いの?つくってはダメな時はあるの?」
というご質問が多いので、ここでもお応えしますね。

二十歳になる時や結婚する時など、人生の節目でつくる方が多いですが
いつでも良いですよ。特にダメな時はありません。
必要を感じた時につくれば良いと思います。




















お家のリフォームのお客様。
ご自身で方位を測ってくる宿題を
前向きに取り組んでくださりました。

「あれ?逆だったかも?」
「間違えてるかも?」

大丈夫です。
どう間違えるかも想定内です(笑)
あ、決して意地悪してるのではありませんよ。
はじめから使いこなせる事はないのが普通です。

次回、他の箇所も併せて計測をお願いしました。
次はきっとうまく出来ます。

そうやって手間暇かける事にも意味があります。


1日は24時間と決まっている中で
自分にとって大切な事、大切にしたい事を優先して
時間をかけていくのです。

手間暇かけた分だけ、もっと大切なものへと磨かれていきます。

子育てとか、仕事とか、勉強なども同じです。
手間暇かけることは、愛を注ぐことなんですよ。

もちろん
自分自身にもね!


2020年1月27日月曜日

誰が正しいか、を乗り越えたところに何かがある

「こんなところに新しいホクロができてた。
何か意味がありますか?」
のご質問。

それは、ろ・・・  自然現象です。

赤ちゃんにはホクロがありません。
紫外線や摩擦などから、だんだん増えていきます。
だから、気にする必要はありませんよ。
そのホクロが「急に目立ってきた」時に意味が発生します。

















さて

私たちは、多くのことを自分基準で考えています。
初対面の人を、自分と同じくらいの年齢かな?とか
自分よりも身長が高そう、とか。

また、誰かの話を聞きながら
私とは違うとか、同じとか、私ならこうするけどなー、など
自分をもとにいろいろ考え、判断しています。


しかし、世の中にはいろんな個性の人がいて
時間の使い方や心を占めるのは、恋愛が最優先、という方もいれば
まず仕事、という方もいます。
自分の基準に当てはまらない人がとても多いんですよね。

恋人と毎日会いたいという人もいれば、
週に1度会うってけっこう大変だよね、と思う人もいます。
となると、「週に1度が大変なんて!」と、愛されていない感じがして
傷つく場合が少なくないのですが・・・

「私だったら、愛があるなら毎日会いたい。
毎日会いたいと思わなければ、それは愛ではない。」
よって、彼の愛は冷めている。と、一人で結論付けて傷ついてしまうんですよね。

しかし、彼はあなたではありません。



休日は翌日からの仕事の準備をしておくもの、と思う人もいれば
休日は仕事から離れる日!と思っている人もいます。

こういう事で、どちらが正しいかと戦うと
自分が正しく、相手が間違いを正すべき、という
お互いを否定しあうだけで終わります。

私ならこうするのに・・・と思ったときは
相手は私ではないよ!と自分に言ってみてください。


2020年1月20日月曜日

変化に飲み込まれそうになっている方へ

2020年庚子のはじまりは立春から、ですが
運は徐々に移り変わるので
もう庚子の影響は出ています。

とくに今年変化のある方は
すでにいろいろな事が起こっています。

「なんでこんなに立て続けに」
と思いますが、それは誰のせいでもなくて
そういう流れがきているのだ、と思って


できない事を、思い悩むよりも
今できることに取り組みましょう。

















できない事に、あれこれ思いを巡らせるよりも
できる事を一生懸命積み重ねるほうが運気が上がります。


そんな事わかってる!と思っても
実際はできない事に頭が支配されている。
というのは多くて

そういったときはいつも通りに過ごすよりも
心機一転をはかる気持ちや体験がおすすめです。







2020年1月15日水曜日

迷った時は、幸せになる方を選べば良い

1月とは思えない気候で、今年はホッカイロの消費が進みません。
ありがたい反面、いろいろな影響も心掛かりですね。

















ところで

恋愛では
お互いに好きなのにうまくいかない・・・という事があります。

気持ちがあるのに・・・。
相性が良いのに・・・。

うまくいくかどうかの決めては、大きく言って
相性とタイミングの二つが大事になってきます。

自分にとってのタイミングが良くても
相手はそういう時じゃない、となれば
すれ違っていってしまいます。

となると、自分のタイミングに相手が合わせて欲しいものですが
押しつければ押しつけるほど
うまくいかなくなる場合が多いのです。

では、自分が相手のタイミングに合わせれば良いの?
それが自分にとって幸せならば、合わせる道をおすすめします。

それが、我慢になってくるようでしたら、
自分にとって幸せな道は?と考えてみると良いですね。

2020年1月11日土曜日

何かがおかしい、と思う時は、何か無理している時

知人と話していて、その方は日頃から感じの良い方なのですが
「人に優しく寛大であるよう心がけている」と仰いました。

どういう事かと伺うと、
自分も完璧じゃないから、人の落ち度にいちいち腹を立てたくない。
その方が、自分の落ち度も自分で責めなくなるし。

自分に厳しい=人に厳しい
自分に優しい=人に優しい

自分への態度と人への態度がイコールなんだ、という事を知っていて
意識的に実践されているんですね。
素晴らしいなぁ。
あ、そうはいっても
我慢をもとにして優しくするのはよろしくないので
実践する「動機」が大事ですよ♪


同じような事を今週、3人の方から伺ったので
改めて今大事な気がして、ここに書いておこう。

















さて

人の価値観は十人十色。
生き方、やっている事は誰しもそれが「良い」と思ってやっています。
人が「あんまり良くないんじゃ?」と思っても
自分が「良い」と思うことが「価値観の違い」です。

いろんな生き方があるわけだから、人と考えが違ってもOK。


自分で自分のしている事や、生き方を
「どうなの?」「良くないよね」って思っているときは
ちょっと立ち止まった方が良いかも。

自分の価値観がどこかへいってしまっていたり、
無理していたり、競争心に突き動かされていたりする時は

「なんかおかしい」「ほんとに良いの?」
など、自分に対する疑いや否定を感じやすいからです。
そうすると、自信を失うし
自分の人生を生きられなくなっちゃうんですよね。

だから、進むよりもちょっと立ち止まって
自分らしさを取り戻すとき、ですね。