2018年10月10日水曜日

結婚運について

何年ぶりだろう、というお友達に会ってきました。
でも、何年ぶりって感じなくて
身近に感じられました。















さて

私たちにとってはじめて接する異性は、
男性なら母親
女性なら父親 です。

だから、異性運って異性の親の影響を
多分に受けているんですよね。

よく、女の子は父親に似た人を選ぶっていいますが
似てない人を選んでも、
自分の接し方で、結果的に似た人を作りあげる・・・!なんて事も
あったりします。


作り上げるって書きましたが
人物を作るんじゃなくて、関係性を作るって意味で。

女の子の場合

父親にとっても可愛がられて守られてきたならば
それが当然ですから、
結婚後は配偶者がそうしてくれて当然です。
そうしてくれないと、相手を頼りなく感じ不満に思います。

父親との関係性が希薄であったなら
濃密な関係は苦手になりやすく
結婚後も配偶者に干渉されたくない、放っておいてくれて当然、
距離が近く(物理的にも心理的にも)なると、息苦しく感じます。




運命学ではこんな風に考えます。

異性の親が親の役割をしないと、結婚運が悪くなる
異性の親が素晴らしすぎても、結婚運が悪くなる




じゃあ、もしそうだったらどうすればいい?

配偶者はお父さんじゃないんだって
思えばいいんです。



・・・え?
配偶者をお父さんなんて思ってませんけど・・・って
当然なると思います。


もちろんほとんどの人はそんな風に思っていませんよね。
けど、
慣れた事は無意識に繰り替えすわけですから
ある意味、自動的に
慣れたポジションを確保しようとするんです。
お互いに。
お互いの慣れたポジションでバランスが取れれば良いんです。

極端になると、バランスがとりづらくなるから
上の2点が結婚運の悪さにつながるわけですね。


なので、極端になっていたら
慣れたポジションを、ちょっと脱してみようかなって
思うといいんです。




2018年10月5日金曜日

上達する人

先日の色彩心理講座では
久しぶりにカラーボトルのセッションの練習をしました。
















みんな、上手になっている!

まるで手品のような、着地点にびっくりされていましたが
それだけセッションがうまく進んだ証拠です♪

文彩 「上手になってる」
生徒さん 「えー、ぜんぜん・・・」

って言っていましたが
聞いていた私には、上達していることがよくわかります。

見ているのと、実際やってみると、違う!
イメージ通りにいかないって事って
実はだいたいの事って
はじめはそうです。


イメージと違う!って事でいえば

お友達がカタログで洋服を買うと、
届いて実際着てみると「あれ、イメージと違う」って
素敵なカタログほどそうなるって、言っていました。


わかります・・・笑

イメージ通りにいくには
何度もトライするほかないですよね。

2018年10月1日月曜日

人間関係は、映し鏡っていうけれど

人間関係は、映し鏡といいます。


目の前の人が自分?と思うとわかりにくいのですが
こんな風に思うとどうでしょう?


「世の中、やさしくて親切な人ばかりでありがたいなあ」って
感じている時は
あなた自身が心穏やかにいられ、
他人に親切し、物事を好意的にみているとき。

「世の中、ロクな人がいない。世間は敵ばかり」って感じている時は
あなた自身が身構えていて、
他人は自分を傷つける存在だとみているときです。



















仲良くしてもらっている人生の先輩が
こんな言葉を教えてくれました。

「出方次第」

亡きご主人の言葉だそうです。
入院中、
「病院の人は優しくしてくれている?」
との、家族の問いかけに
応えた言葉だそうです。

本当にそうですよね。



自分がいら立っているときに、相手にそれをぶつけたら
ぶつけ返されるし

自分が気分よくいられ、相手を好意的に受け止められたら
好意的に返されるものです。

なので

自分で自分のご機嫌をとれるか、どうかで、
どんな世界(人との関わり)を生きるのかが
決まるようですね。