2018年12月9日日曜日

逆から勉強してみましょう

講座では、通常、命式を読み解いて説明しますが
逆から勉強することもあります。

起こる現象を先におつたえして、
そういう命式を探す・・・ことをする場合もあります。

これは、慣れないとなかなか探し当てられないのですが

ある生徒さん、
「そういえば・・・」と心当たりのある命式を出してみると
ピンポーン!正解。
そういえば、前回も、前々回も
例題と心当たりが合致していましたね。


日ごろおっとりされているのですが
よく人をみているのだと、感心しました。

















最初から命式を出さずに、
その人から感じとったことを、自分の感受性で命式をつくってみる。

これは私が自分の勉強の一環として取り組んだ方法の中でも
すごく役立ったやり方です。
どんな方かある程度わかれば
誕生日を知らなくても、おおよその命式を当てられます。

感受性を養うために
生徒さんは、訓練してみてください。

2018年12月8日土曜日

洞察力の鋭い人

朝晩は冬らしい寒さになってきました。
この時期の疲れは、寒暖差疲労が多いみたいですね。
寒暖差っていろんな影響を及ぼしていますね。


さて

あるお方と話していて、
状況や登場人物がものすごく、わかりやい説明で

その方の洞察力が素晴らしくて、
いかに人に関心を持ってよく見ているか、が伝わりました。
表面で観察しているのではなくて、心の目で見ている感じ。


人や周りに関心を向けて、物事を深く見ることって
自分が安定していないとできません。

不安とか緊張など、気になることがあると
どうしても自分を見てしまいますからね。















自分を見ているときは、状況がどうもわかりにくくなって
独自の解釈になりがちです。

自分の解釈が
あれ?本当にそう?
と感じるときは、もしかして鏡の中のご自身を見つめているかも。

えー?何それ?って感じですか?

けっこう多いことなんですよ。



2018年12月1日土曜日

今日から12月

今日は、浜松教室の生徒さんたちと
忘年会でした。
いつもと違う一面も見ることが出来て、楽しかったですね。


スマホに写真が届いていない方、
お問い合わせフォームからでも連絡もらえたら
送ります。


皆さんが顔出しOKかわからないので、
ブログはまったく関係ない写真にします。


 


さて

誰でもミスをすると、落ち込みます。

よくするミスであればまたやっちゃった!で済みますが

もともとミスが少ない人や
思ってもみないところで、自分がまさか?こんなことを?
というミスは、すごくショックを受けますよね。

でも、能力というよりも
それだけ長く生きてきたんだ、とも考えられます。
長く生きていたら、どんなに優秀な人でも思いがけないミスは起こりえます。
ミスのない人生ってないですもんね。

自分がこんなミスを?ってすごくショックで、
できれば経験したくないものですが

利点もあって

こういう経験こそが、許しや優しさにつながるのかも。
人の心に寄り添えるような、ひとまわり大きな人間になるキッカケって
こういうところにあるようですから。